TOP

就活と真剣に向き合うサイトです!

新卒採用で好印象を受ける履歴書の書き方

新卒採用と中途採用では、履歴書の書き方も見られる点も違ってきます。中途採用の際の履歴書がこれまでの経歴中心になるのに対して、新卒採用では大学生活や自分の持ち味をアピールするのが中心になるでしょう。簡潔にアピールできるかどうかも、有望だと思わせるコツです。例えば、自己アピールも、具体的な例を出すことで説得性が加わります。サークルなど何に所属していたか、そこで何をしてきたかを書けば、根気がいいなどの一般的な性格情報は添えなくとも想像してもらえます。履歴書のスペースは限られているため、文字を小さくしてたくさん書けばいいというものでもありません。伝えたいことが書ききれない場合には、面接でその旨を聞いてほしいとアピールするのも手段の一つです。社会人になると数字が重視されることも多く、数字を入れてこのようなことをしたと述べるのも好印象に映ります。自分の意見を加えつつ、一文一文を短くするのも、読みやすくするポイントです。


日本は学歴社会?個人の学業の経歴を表わす学歴

学歴とは個人個人の学業の経歴のことで、その人の最高の経歴を最終学歴といいます。高卒、大卒などという名称で表わされることもある最終学歴は、大学や大学院を卒業した人の評価が一般には高いです。実際には必ずしも学歴があるから実力があるとは限らないものの、日本での現状は学歴を一番とする学歴社会だといっていいでしょう。だからこそ、子供の頃から有名校を目指して受験したり、多くの若者が大学へと進学するのです。履歴書にも学歴欄があり、職歴は別に記すように別紙が用意されていることもあります。ただ、海外に比べると、日本の学歴志向は低いほうです。海外では日本以上に階級や学歴の差が激しく、労働者階級を指すブルーカラーや支配階級を意味するホワイトカラーという職種の区別があり、なかなか階級をくつがえすことは出来ないといいます。日本国内での就職は、新卒者に対しては学歴が大きく左右するものの、中途採用者に対しては実力本意で判断される傾向があります。

企業にも学生にもメリットのある新卒採用の特徴

企業にとっても学生にとっても、新卒採用には数々のメリットがあります。例えば企業側のメリットとしては、同時期に新卒の学生を採用することによって教育などのコストを抑えることができます。年齢も社会経験もほぼ同等の学生を一同に集めることによって、組織の年代層を厚くすることも実現できます。横のつながりだけでなく、新卒が一斉に入社してくることによって、先輩社員に新しい風を吹き込む作用もあるのもメリットのひとつです。その中から、潜在的な能力を見極めてリーダー育成をすることも可能です。中途採用でも優秀な人材を採用することは可能ですが、そのつもりはあっても簡単には見つからないのが経験のある優秀な人材です。その点、新卒採用者の中から可能性のある人物を育てれば、新たな募集をかける必要も、高額な報酬を最初から用意する必要もないわけです。新卒採用のときには、採用活動自体が企業の宣伝にもなります。大々的に人材を募集している企業に良いイメージを持つ人も多く、広く一般への広報活動にもつながるのです。もちろん学生にとっても、社会経験ゼロの地点から会社に育ててもらえるなどのメリットがあります。

Webエンジニアに求められることと面接でのアピールポイント

Webエンジニアはパソコンサイトはもちろん、近年ではモバイルサイトの開発やアプリ開発ができる人材が求められるようになっています。iPhoneやAndroidといったOSごとのスマホやタブレット向けのアプリケーション開発や、FacebookやTwitterなどメジャーなソーシャルアプリケーション開発などができると強いです。また、採用企業の方向性としては、WEBアプリケーション開発分野で得意なスキルを活かすだけでなく、ご自身が興味ある分野にどんどんチャレンジできる環境が用意されている企業が多くなっています。そのため、求められる人物像としては、能動的かつポジティブに仕事に臨めるのはもちろん、自分の得意分野を伸ばしていきたい、そして、新しい分野にも果敢にチャレンジしていきたいと強い意欲を持っていることが望ましく、志望動機や面接でもその点をアピール材料にするといいでしょう。また、ベンチャー企業をはじめWeb関連企業は常識にとらわれない、常識を打ち破るといったスタンスの企業風土が根強い傾向にあります。日々進化し続け、時代やユーザーのニーズに先駆けて新しいアプリやビジネスを生み出すには、頭が固くかしこまった人では務まりません。アイデアを生み出し、さらにフットワーク軽くどんどん実行できる人が評価される職場ですから、面接時にも能動的かつポジティブでアイディアマンであることをアピールできるといいでしょう。規模が大きな企業や話題の成長企業ほど、社内完結型で社内には各分野のスペシャリストが多数集結しており、社外の技術やノウハウに頼ることなく、自社で製品やサービスを全て実行できるだけの体制が整っている企業も少なくありません。そうした職場で求められるのは、得意な技術を存分に活かして活躍できるスキルと意欲、常に新しい技術に着目し、技術に対して貪欲な好奇心や探究心があるスタンスです。興味のある分野にチャレンジして、成長できる環境がありますから、中途採用であっても、技術者視点を活かして新サービスの企画段階から参加できる企業も多数あります。技術のエキスパートとして、唯一無二の存在を目指したいといった意欲をアピールし、技術を武器に企画やデザインなど様々な分野にも目を向けて果敢に取り組める姿勢をアピール材料にしてください。現在の技術に自信を持って、自分のいいところを伝え、さらに貪欲な姿勢を見せることがWebエンジニアとして面接で差をつけるためのノウハウです。

Webディレクターに転職するためのハウツー

Webディレクターという仕事は制作会社によっても、そのポジションや業務内容が微妙に違うことがあるので、単に職種で探すのではなく、どのような立場で、どのような仕事を任せられるのかをよく確認する必要があります。制作チームをまとめ、クライアントとの窓口となるリーダー的なポジションである場合もあれば、営業職のパートナーとして積極的にかかわっていくこともあります。いずれにしても、クリエイターとしての制作者視点だけでなく、営業的観点が求められることになります。そのため、営業としての観点で物事を考えられるというのは、志望動機や面接におけるアピール材料となります。具体的にはクライアントと打合せをしたことがある、営業とクリエイターの間に入って制作から納品まで行った経験がある、 ワイヤーフレームやサイトマップ、ラフデザインが作れるといった点をアピールしてください。さらに取材や簡単なライティング、コードが見られるとなれば、ディレクターとしてはかなりパーフェクトです。というのは、時に営業と共にクライアントにヒアリングして、簡単な取材業務を行うこともあるためです。そのほか求められる資質として、以下のような事柄があります。こうした経験があれば、積極的にアピールしていくのがおすすめです。営業やクリエイター、外注業者とリレーションを取りながら、納品まで完遂させてきた経験はもちろん、ディレクターとしてはスケジュール管理ができ、制作物の品質チェックができることが何より重要視されます。そのほか、素質として自ら仕事を見つけ自発的に動けること、トラブルなどが発生したり、クライアントからの求めやクリエイターからの要望が出ても柔軟に対応できるといったスタンスがあるとなおベストです。ディレクター業務は小さな会社だと特に、あなたの仕事はここまでといった制限がありません。そのため、頭が固い人や指示を待たないと動けない人では務まりません。自ら積極的に動けること、柔軟性があることは大きな評価ポイントとなります。クライアントからの要望をもとにコンセプト、仮デザインからコピー案、ワイヤーフレーム、サイトマップ制作したり、営業からの受注内容を元に業者の選定や取材、クリエイターへの発注、クライアントから出される原稿確認、納品までフル回転しますから、 責任感を持ち、しっかり最後まで取り組めるタイプであることが求められます。精神的にもタフであることもアピールしておきましょう。

tosi.biz